トップページ > 神奈川地区の散歩 > 横浜・山手の丘めぐり > 外交官の家(内部)


港の見える丘公園へ 山手111番館へ 横浜市イギリス館へ 山手外国人墓地へ 山手234番館へ エリスマン邸へ ベーリック・ホールへ 外交官の家へ ブラフ18番館へ

横浜・港の見える丘公園と山手西洋館めぐり

外交官の家(内部)

外交官の家展示コーナー 外交官の家喫茶室 外交官の家管理室

中へ入ると右側に管理事務所が有りグッズの販売もしています。その奥は展示コーナーで右奥に進むと洋館見学の入口になります。左手は軽食・喫茶コーナーで、見学者用のおトイレも左奥にあります。

一休みしたら建物内部の見学をしましょう、まずは1階のお部屋からです。

食堂 (見学入口を入って最初の部屋です)

小客間

外交官の家 外交官の家

サンルーム

大客間

外交官の家 外交官の家

玄関ホールから見る食堂

玄関ホール・階段

外交官の家 外交官の家

設計者はアメリカ人で立教学校の教師として来日、その後建築家として活躍したJ.Mガーディナーです。旧内田邸は、海外暮らしが長かった定槌氏の意向を反映して、当時の日本人住宅としてはめずらしく徹底した洋風化が図られました。

玄関ホール脇の階段を上がり2階に来ました。

玄関上の部屋(現在展示室)

当主の書斎

外交官の家 外交官の家

書斎の窓からは玄関前のアプローチが眺められます。

書斎窓からの眺め

書斎の隣は主寝室になっています。その奥には1階と同じ塔屋にサンルームが有ります

主寝室(奥に見えるのが1階サンルーム上の小部屋)

主寝室奥の小部屋(奥様が主に使われていました)

主寝室 主寝室奥のサンルーム

主寝室奥の浴室

主寝室隣の小部屋(現在展示室)

主寝室奥の浴室 浴室隣の小部屋(現在展示室)
   

外へ出て、ブラフ18番館へ向かう並木道から外交官の家を見上げて。(東側)

ブラフ18番館への通路から