トップページ > 神奈川地区の散歩 > 横浜・山手の丘めぐり > ブラフ18番館


港の見える丘公園へ 山手111番館へ 横浜市イギリス館へ 山手外国人墓地へ 山手234番館へ エリスマン邸へ ベーリック・ホールへ 外交官の家へ ブラフ18番館へ

横浜・港の見える丘公園と山手西洋館めぐり

ブラフ18番館

ブラフ18番館はイタリア山庭園の一郭にあります

ブラフ18番館

関東大震災後に山手町45番地に建てられた外国人住宅です。戦後は天主公教横浜地区(現カトリック横浜司教区)の所有となり、 カトリック山手教会の司祭館として平成3(1991)年まで使用されてきました。
平成3年に横浜市が部材の寄付を受けて、平成5(1993)年に、山手イタリア山庭園内に移築復元しました。


イタリア山庭園からの眺め

ブラフ18番館

この場所は名前の通り高台になっているので『外交官の家』横の並木道を抜けてくると、目の前はご覧のような景色です。右の一段低い所にブラフ18番館が建っています。

建物を見ながらぐるりと廻って反対側に行ってみましょう。赤い瓦に白壁、そして緑の鎧戸とこのような色の建物は日本には無かったでしょうから、当時の日本人にとってとても珍しく感じた事でしょう。

サンルーム

この部屋は東側になりますがサンルームです。

見学用入口

入館口です。
JR石川町からお越しの方は下の階段を上がってきて最初にこの場所に着きます。それでは私達も入りましょう。

見学用入口ホール

この建物の旧正面玄関は一番上の写真左側です。
ここは見学用に新しく入口ホールとして建てられた場所です。

ダイニングルーム

入口ホールを入りすぐ左の部屋はダイニングルームです。

東側のリビングルーム

ここは廊下を挟んで東側のリビングルームになります。この部屋はサンルームへ続いています。

サンルーム

サンルームからの眺め

サンルーム(左)とサンルームからの眺め。
窓からベイブリッジが良く見えますが、中央の斜面を見るとここが高台である事が良くわかります。

階段

階段を上がり2階へ行きましょう。階段の踏板はとても厚く手すりも堅牢な造りです。
右側にある扉は階段下の収納用扉です。

展示室

1階ダイニングルーム上のここは現在展示室になっています。世界の人形と左の額に入った地図は横浜の古い地図です。

廊下を挟んで東側、1階リビングルームの上の部屋です現在閲覧室になっています。
右の地図は明治期の横浜の地図です。『MAP OF YOKOHAMA・地理局測量課』と書いてあります。地図の中心辺りに『象の鼻』があります。(象の鼻=横浜港初期の防波堤の形が象の鼻の形に見えたから)

階段の途中に可愛い飾りがありました。
今のブラ18番館の模型です。模型右側のかまぼこ型の建物は普段貸し出しスペースとして市民に利用されています。

ブラフ18番館を出て階段を下りた所です。
石川町からお越しの方はこの階段を上がってください。

石川町駅側の入口

ブラフ18番館から石川町駅に向かう下り坂

門を出た後は坂道を道なりに下るだけです。
あの先に見える突き当りを左に曲がればJR石川町駅です。右に曲がると100m位で元町商店街です。

石川町駅の近く

突き当りを左に曲がると、すぐそこに石川町駅が見えます。

JR石川町駅元町口

JR石川町駅元町口に着きました。

ホームに上がって山手トンネル上を見ると、ブルーシートで囲われた『イタリア山の外交官の家』が見えました。
訪問日には工事中だった『外交官の家』ですが4月より見学が出来ます。

石川町駅ホームから見えるイタリア山庭園


ブラフ18番館(横浜市認定歴史的建造物)tel.fax045-662-6318

 所在地  〒231-0862  横浜市中区山手町16
 開館時間 9:30~17:00 (7・8月は18:00まで)
 休館日 第2水曜日(祝日の場合はその翌日)・年末年始  (12/29~1/3)
 入館料 無料 (ホールの利用は有料)