トップページ > 神奈川地区の散歩 > 横浜・山手の丘めぐり > テニス発祥記念館


港の見える丘公園へ 山手111番館へ 横浜市イギリス館へ 山手外国人墓地へ 山手234番館へ エリスマン邸へ ベーリック・ホールへ 外交官の家へ ブラフ18番館へ

横浜・港の見える丘公園と山手西洋館めぐり

山手公園とテニス発祥記念館

代官坂上

ベーリック・ホール正門を出て山手本通りを右に進むと『代官坂上』の信号があります、この信号を右の方へ坂を下ると『元町商店街』ですが、私たちは直進します。

末日聖徒イエスキリスト教会

その先すぐ右側に末日聖徒イエスキリスト教会があります。

末日聖徒イエス・キリスト教会公式サイト

フェリス女学院高・中等校のフェリスホール

その先の汐汲坂の信号を直進して『フェリス女学院高・中等校のフェリスホール』を右に見ながらそのまま進みます。

カトリック山手教会の大きな尖塔 聖母マリア様 カトリック山手教会の大きな尖塔

まもなく『山手公園北側入口』信号の手前左側にカトリック山手教会の大きな尖塔が見えてきます、教会の庭に聖母マリア様が優しいお顔で立っていました。この信号を左に入ります。

『フェリス女学院大学』の校門

なだらかな坂を道なりに下り『フェリス女学院大学』の校門を左に見ながら行くとすぐ『山手公園』が見えてきます。その先突き当りを右に曲がるとこの『日本庭球発祥の地』の石碑があります。

道を挟んで石碑の右手奥にテニス発祥記念館があります。

記念館の中にはパネルによる歴史紹介や様々なテニスに関する用具の展示やがされています。100年以上前のラケットや復元されたご夫人のテニス衣装、またウインブルドン女子シングルスチャンピョンへの優勝プレート(複製)など色々展示されています。

テニス発祥記念館 テニス発祥記念館 テニス発祥記念館内部

テニス発祥記念館内部 ウインブルドン女子シングルスチャンピョンへの優勝プレート(複製) テニス発祥記念館内部

旧山手68番館

記念館を出てさらに奥へ行くと旧山手68番館があります。
旧山手68番館(現在=山手公園管理事務所)は昭和9年(1934)に建造されました。当初は山手68番の奧まった位置にあり、震災後に建てられた外国人向け賃貸住宅のひとつでした。現在この建物は山手公園内にある市営テニスコートのレストハウスです。

旧山手68番館の内部

旧山手68番館の内部です。この周りにはテニスコートがあり休日ともなると沢山の市民プレーヤーが集います。

山手本通りに戻り『山手公園北側入口』の信号を左に曲がり少し行った所で振り返ると、教会の尖塔が道の中央にそびえて見えます。

山手公園北側入口

イタリア山庭園案内標識

山手カトリック教会から200m位でイタリア山庭園案内標識があります。
ここを右に曲がリ170mで公園です。

イタリア山庭園入口

左にブルーシートが見えますが3月末日まで『外交官の家』は改修工事のため休館です。少し残念ですがこちらの通路を通り『ブラフ18番館』へ行きましょう。