トップページ > 神奈川地区の散歩 > 横浜・山手の丘めぐり > 横浜市イギリス館


港の見える丘公園へ 山手111番館へ 横浜市イギリス館へ 山手外国人墓地へ 山手234番館へ エリスマン邸へ ベーリック・ホールへ 外交官の家へ ブラフ18番館へ

横浜・港の見える丘公園と山手西洋館めぐり

横浜市イギリス館

山手111番館のすぐ隣にイギリス館があります、裏手のローズガーデンの方から行きましょう。

横浜市イギリス館

イギリス館は、昭和12(1937)年に上海の大英工部総署の設計によって、英国総領事公邸として、現在の地に建てられました。 鉄筋コンクリート2階建てで東アジアの領事公邸の中では上位に格ずけられる風格のある建物です。広い窓から庭や港を一望できたそうです。

山手111番館下のローズガーデンから見る

上の写真は、山手111番館下のローズガーデンから見たもので建物の裏手になります。
白い壁と赤い瓦屋根のコントラストが太陽に照らされて眩しく感じます。コロニアルスタイルと言うそうです。庭にあるやしの木が異国を感じさせますね。
それでは右の方へ廻りましょう。

イギリス館

この先に玄関がありますのでそのまま進みましょう。

イギリス館入口

昭和44(1969)年に横浜市が取得し、1階ホールはコンサートホールに、2階集会室は会議等に利用されています。

イギリス館玄関ホール

玄関ホールです、今日は中で音楽発表会のため貸切で入れないようです。

踊り場からマリンタワー

2階へ行きましょう。
途中踊り場からマリンタワーの上のほうが見えました。

現在2階休憩室になっている部屋からの眺め

現在2階休憩室になっている部屋からの眺めです。樹木が邪魔をして港の方は見えませんが当時は良く見えたのでしょう。

寝室に復元された部屋

こちらの部屋は寝室に復元された部屋です、向こう側にサンルームが見えます。
窓が大きいので部屋の中は眩しいくらいです。

階段ホール

それでは下へ降りましょう、階段ホールも広くとってあります。

イギリス館の模型

イギリス館の模型がありました。

表の通りから直接来た場合はこちらの門から入ります。

表門


横浜市イギリス館(横浜市指定文化財)tel.fax045-623-7812

 所在地  〒231-0862  横浜市中区山手町115-3
 開館時間  9:00~22:00
 見学時間 9:30~17:00 (7・8月は18:00まで)
 休館日 第4水曜日(祝日の場合はその翌日)・年末年始  (12/29~1/3)
 入館料 見学は無料 (ホール・集会室の利用は有料)