トップページ > 神奈川散歩 > 江ノ電ぶらり散歩 > 長谷駅と鎌倉文学館


江ノ電ぶらり散歩へ

その9

少し遠まわりですが、長谷駅に戻ったあと鎌倉文学館の方へ足をのばします。

長谷寺と高徳院鎌倉大仏=長谷駅と鎌倉文学館=由比ヶ浜駅=和田塚駅=鎌倉駅


[  江ノ電ぶらり散歩のすべての写真が写真クリックで拡大します。 ]

鎌倉彫の白日堂

鎌倉彫の白日堂さん

高徳院を出てから長谷駅に向かう県道右側に建っているこの建物は、昭和15年に鎌倉彫の工房兼住宅として建てられた白日堂さんです。
重厚な外観は創建当時からほとんど改造されてなくとても貴重な存在です。鎌倉市の景観重要建築物に指定(平成8年3月)されています。

長谷駅

長谷駅

極楽寺駅700m←長谷駅→600m由比ヶ浜駅

藤沢駅8.3km←長谷駅→1.7km鎌倉駅

長谷駅は、長谷寺高徳院鎌倉大仏など有名観光地が近くにあるので年間を通して観光客で混み合う駅です。
また駅前の通りは湘南海岸を通る国道134号から藤沢方面へ抜ける県道になっているので、休日ともなるとかなり渋滞してます。

長谷駅 (藤沢側)

長谷駅藤沢方

長谷駅は電車(列車)交換駅です。鎌倉行きと藤沢行きがホームに着き乗客が構内踏切を急いでいますね。
この駅は道路と駅構内が近いので、改札を通らずホームに駆け込む客が多く、危険防止に写真のような針山が設置して有ります。黄色く見えるのがそうです。

長谷駅 (鎌倉側)

長谷駅鎌倉側

長谷駅の鎌倉側には大きな道は無く地元の人しか通らずとても静かです。少し離れたこの場所から見る長谷駅はまるで大きな模型を見ているようです。

甘縄神明宮

甘縄神明宮

長谷駅鎌倉側の路地を北の方へ行くと県道311号に突き当たります、道を渡り少し行ったところに、長谷の鎮守様で天照大御神をまつる甘縄神明宮があります。
階段を上り振り返ると長谷の町、由比ヶ浜が見渡せ、運がよければ大島も見えるそうです。

鎌倉市長谷子ども会館(旧諸戸邸)

鎌倉市長谷子ども会館(旧諸戸邸)

甘縄神明宮から鎌倉文学館へ向かう途中にあるこの建物は、明治41年(1808年)に株の仲買人だった福島浪蔵氏邸として建てられ、大正10年に諸戸清六氏の所有となり、昭和55年に鎌倉市に寄贈されました。 外観はギリシャ建築の様式を取り入れ内部も古典的な雰囲気だそうです。現在は地域の子ども施設として使われているが一般公開はしていません。
平成7年に鎌倉市景観重要建築物に指定、平成18年に国登録有形文化財に登録されています。

鎌倉文学館入り口

鎌倉文学館入口

子ども会館を過ぎ左へ行くと緩やかな坂道の先に鎌倉文学館があります。
旧前田公爵家別邸で現在国登録有形文化財に指定されています。

鎌倉文学館

鎌倉文学館

鎌倉文学館の本館は、旧前田侯爵家の鎌倉別邸を鎌倉市が寄贈を受け、昭和60年 (1985) に開館しました、以来鎌倉ゆかりの文学者の文学資料の収集保存、展示を中心に様々な活動を行っています。
前面に由比ヶ浜を望み広大な庭園にはバラ園があります。


広い庭園からの鎌倉文学館

広い庭園の鎌倉文学館


鎌倉文学館


藤沢方面鎌倉方面


下の写真クリックでお好きな駅までジャンプします

藤沢駅~石上駅~柳小路駅へ 藤沢駅~石上駅~柳小路駅へ 鵠沼駅~湘南海岸公園駅へ 江ノ島駅~路面軌道へ 腰越駅付近 鎌倉高校前駅付近 七里ヶ浜駅~稲村ヶ崎駅へ
藤沢駅・石上駅・柳小路駅===鵠沼駅・湘南海岸公園駅江ノ島駅====腰越駅====鎌倉高校前駅七里ヶ浜駅・稲村ヶ崎駅


極楽寺駅~長谷方面へ ちょっと寄り道、長谷寺~高徳院鎌倉大仏へ ちょっと寄り道、長谷寺~高徳院鎌倉大仏へ 長谷駅~鎌倉文学館へ 由比ヶ浜駅~和田塚駅~鎌倉駅へ 鎌倉駅から鶴岡八幡宮へ
==極楽寺駅====長谷寺と高徳院鎌倉大仏====長谷駅付近由比ヶ浜駅・和田塚駅・鎌倉駅鶴岡八幡宮へ