トップページ > 神奈川散歩 > 江ノ電ぶらり散歩 > 七里ヶ浜駅=稲村ヶ崎駅


江ノ電ぶらり散歩へ

その6

七里ヶ浜海岸から見る江ノ島と富士山は湘南随一のビューポイントです。

鎌倉高校前駅=七里ヶ浜駅=稲村ヶ崎駅=極楽寺駅


[  江ノ電ぶらり散歩のすべての写真が写真クリックで拡大します。 ]

線路の横を

線路のすぐ横を

ここから七里ヶ浜駅まで線路とこの道は並行して行きます。
道路との境界は僅かな段差だけです、自動車が線路に入らないよう所々仕切りがしてありますが私は見てしまいました 。どうしてもすれ違えない自動車が線路に入っていったのを。

七里ヶ浜駅

七里ヶ浜駅

鎌倉高校前駅900m←七里ヶ浜駅→1200m稲村ヶ崎駅

藤沢駅5.6km←七里ヶ浜駅→4.4km鎌倉駅

七里ヶ浜駅まで線路沿いの道を来ましたが、国道134号を通って来るとカレーレストラン珊瑚礁リストランテアマルフィイなどお洒落なレストランがあります。夕暮れ時など、目の前に広がる海と沈む夕日を眺めながらの食事はまるで異国にいる様です。

七里ヶ浜海岸駐車場より

七里ヶ浜海岸駐車場から

この日、お天気はご覧のように曇り空、残念ながら富士山はまったく見えませんでした。いつか又お天気のいい日に来ることにします。


と、思っていたら2週間後にいいお天気に恵まれました。

晴れた朝の湘南海岸

朝焼けの江ノ島と富士山 後日、上の写真と同じ場所から撮りました。(日の出30分後頃)

七里ヶ浜海岸駐車場のバザー

駐車場でバザー

2週間前に戻ります。
駐車場でバザーをやっていました、その後ろに江ノ電が走っています。

鎌倉プリンスホテル前の坂から

鎌倉プリンスホテル前の坂から

七里ヶ浜海岸駐車場近くの坂で、湘南のパンフレットにも良く使われる場所です。鎌倉プリンスホテル前の真っ直ぐ海につづく坂の上から見ていると、湘南の風を切りながら走る江ノ電が海と一体になったようです。

分かれ道

別れ道

鎌倉プリンスホテルの坂を後にして鎌倉方面に行くと再び江ノ電は海を離れます。ここから少しずつ山の方へ入っていきます。私達も線路の横の道を行きましょう。

しばし江ノ島とお別れ

しばし江ノ島とお別れ

湘南の海とここでお別れ。この先稲村ヶ崎駅から長谷駅まで江ノ電の山間部を走ります。

藤沢行き1000形

藤沢行き1000形

藤沢行きの乗客は、ここから左側に海が見えてきます。

稲村ヶ崎駅(藤沢側)

稲村ヶ崎駅藤沢方

七里ヶ浜駅1200m←稲村ヶ崎駅→800m極楽寺駅

藤沢駅6.8km←稲村ヶ崎駅→3.2km鎌倉駅

稲村ケ崎と言えば思い出すのが「稲村ジェーン」、そうそう、サザンオールスター桑田佳祐が映画監督をした映画ですね、この映画は稲村ケ崎駅周辺の海岸を舞台にしたサーファーたちの青春ドラマです。

稲村ヶ崎駅(鎌倉側)

稲村ヶ崎駅鎌倉方

この駅は電車(列車)交換駅です。鎌倉行き嵐電号が停車しているところへ藤沢行きが入線してきました。

藤沢行きが先発

藤沢行きが先発

鎌倉行きの運転士は藤沢行きが出発するまでホームに出て安全確認をします。

稲村ヶ崎駅を出発した鎌倉行き

稲村ヶ崎駅を出た鎌倉行き

鎌倉側に進むとすぐに踏切が有ります。踏切際に「肉の稲村亭」の看板が見えます、ここは創業60年のお肉屋さんで特に焼き豚が評判です。
この踏切を左へ行きます、線路と離れますが大丈夫、この先150mで踏切がありふたたび線路脇の道に出ます。

再び線路脇の道

再び線路脇の道

江ノ電線路脇の道はここの様に狭い所が数箇所有ります、自動車はお互い譲り合わないとすれ違い困難です。前方停車中の自動車はこの広い場所で対向車待ですね。
軌道敷内で作業をしている人は保線関係の人たちでしょう。

電車は左へ道は右へ

電車は左へ道は右へ

電車はここで左の方へ、道路は右側の下り坂を行きます。もう少しで極楽寺駅ですよ。


藤沢方面鎌倉方面


下の写真クリックでお好きな駅までジャンプします

藤沢駅~石上駅~柳小路駅へ 藤沢駅~石上駅~柳小路駅へ 鵠沼駅~湘南海岸公園駅へ 江ノ島駅~路面軌道へ 腰越駅付近 鎌倉高校前駅付近 七里ヶ浜駅~稲村ヶ崎駅へ
藤沢駅・石上駅・柳小路駅===鵠沼駅・湘南海岸公園駅江ノ島駅====腰越駅====鎌倉高校前駅七里ヶ浜駅・稲村ヶ崎駅


極楽寺駅~長谷方面へ ちょっと寄り道、長谷寺~高徳院鎌倉大仏へ ちょっと寄り道、長谷寺~高徳院鎌倉大仏へ 長谷駅~鎌倉文学館へ 由比ヶ浜駅~和田塚駅~鎌倉駅へ 鎌倉駅から鶴岡八幡宮へ
==極楽寺駅====長谷寺と高徳院鎌倉大仏====長谷駅付近由比ヶ浜駅・和田塚駅・鎌倉駅鶴岡八幡宮へ