帝釈堂右側面

帝釈堂右側面
ここから『 法華経 』の彫刻になります。帝釈堂壁面の隅から隅まで彫刻で埋め尽くされています。
現在、お堂の外周はガラスで覆われていますが、以前は彫刻に金網が張られているだけで、風雨にさらされていたそうです。